fbpx

個人事業主がホームページ制作をするメリットとデメリット

個人事業主やフリーランスとしてビジネスする上で、インターネットで集客するなら欠かせないホームページ。

しかし、「ホームページをつくるとどのようなメリットがあるのか」「なんとなく効果がありそうだからつくりたいけれど、大変なのかな?」という疑問がある方もいるでしょう。

この記事では、そんな不安をもつ方へ向けて、個人事業主がホームページ制作する場合のメリット・デメリットについてお伝えします。

個人事業主がホームページ制作をするメリット

個人事業主やフリーランスがホームページを制作すると、以下のようなメリットがあります。

  • 新規顧客を集められる
  • 事業情報の発信により信頼度が上がる
  • 自分のかわりに営業をしてくれる

それぞれのメリットについて、以下で詳しく説明します。

新規顧客を集客することができる

ホームページを制作することで、新規顧客を獲得できる可能性が高くなります。

集客するためには、宣伝等のアピールがかかせません。

ホームページを作っておけば、名刺がわりにもなりますし、サイト内のブログやコンテンツで「こんな事業をおこなっています」とアピールできます。

また、ホームページ内にインターネットショップをつくり、商品を販売することも可能です。

このように、ホームページでは事業の内容や自身の実績を公開できるため、それを見た人が思わぬところで新たな顧客になる可能性があります。

事業情報を発信することで信頼度が上がる

ホームページ上で事業情報を発信することで、顧客からの信頼度を上げられます。

なぜなら、相手が信頼できる事業者なのか確認するためにインターネットで検索する人も多いからです。

気になって検索したのに、ホームページがなかったらどうでしょうか。どういう事業者なのかがよくわからなくて、不安になってしまいますよね。

反対に、検索した結果ホームページで最新の事業情報が得られれば、顧客からすると安心感があります。結果として、事業者への信頼度が高まるのではないでしょうか。

自分が働いていなくても営業を行ってくれる

制作したホームページは、自分が活動していなくても営業をしてくれます。

顧客を獲得し、売上を多くするには、営業活動をすることがほぼ必須です。そのためには、事業内容や実績などを自分から顧客や営業先にアピールする必要がありますよね。

しかし、事業を進めながら営業活動に大きなリソースを割くと、多くの時間や労力がかかります。だからといって、営業担当を雇用するにはそれなりの費用が必要です。

その点、ホームページに事業情報等をのせておけば、自ら出向いて営業しなくても、その内容がインターネットを使用する人の目に触れるかもしれません。

このように、ホームページが営業の役割を担ってくれるので、事業に専念できる時間が増えます。つまり、「営業マンを一人雇うのと同じ効果がある」のです。しかもその営業マンはいつでも全国に宣伝してくれるので、とても魅力的ですよね。

インターネットからの問い合わせが増えて売上アップにつながる

作成したホームページからの問い合わせが増えれば、売上アップを見込めます。

問い合わせ先としては主に電話やメールがありますが、その連絡先がわからないと問い合わせることができませんよね。なんらかのきっかけで気になったけれど、どこへ連絡すればいいかわからないから今度にしよう、と思われてしまっては大切な機会を失ってしまいます。

ホームページであれば連絡先の記載やお問い合わせフォームの設置ができるので、そこから連絡が入る可能性があります。

サイト上なら昼夜を問わずメッセージの受付が可能です。そのうえ、全国から受け付けられるため、受注の機会が増えて売上アップをねらえるかもしれません。

積み上げていくことでWEB上の資産になる

ホームページ上に掲載した記事や業務情報を積み上げることで、WEB上の資産になります。

管理しつづければコンテンツを資産として残せるのが、出すのをやめたら消えてしまう広告などとは違うところです。

ただし、無料のサービスでホームページを作成した場合、運営会社がサービスを閉じてしまうとコンテンツがなくなってしまいます。今まで育ててきたものがいつ消えてしまうかわかりません。ビジネス用のサイトでそのようなことが起きると困るので、独自ドメインを取得し、サーバーをレンタルする形で制作するのが良いでしょう。

ホームページを作成したら、サイト内に記事などのコンテンツを増やしていくのが基本です。見にきた人が楽しめる内容や、有益な情報などといった価値のあるコンテンツを増やすことにより、ホームページの集客効果を上げられます。

個人事業主がホームページ制作をするデメリット

ホームページを制作する場合、以下のようなデメリットがあげられます。

  • 自分で制作するのは大変
  • 制作の依頼に費用が掛かる
  • どの業者へ頼めばいいのかわからない

以下では、ホームページを制作する場合のデメリットを説明します。

ホームページを自分で制作するのは大変

ホームページを自分の力でつくるとなると、多大な労力がかかってしまいます。

具体的には、ホームページのデザインを考えたり、サーバーをレンタルしたり、各項目を設定したりといった作業が必要です。

しかも、知識がなければホームページの制作方法を勉強する必要がありますよね。一番困るのは、勉強とサイト制作にかける時間が大きくなってしまい、事業に専念できないケースです。

また、サイトをつくっている途中やできあがった後、「これでちゃんと集客効果が出るのか」「やっぱりデザインが微妙だから修正しないと」などと気になってしまうと、時間だけでなく精神的にも負担がかかります。

これらの面から考えても、事業を進めながら自力で理想のホームページをつくるのは非常に大変で、あまり現実的ではないといえるでしょう。

ホームページの制作を依頼すると費用がかかる

ホームページ制作を業者へ依頼する場合、ある程度まとまった費用がかかってしまいます。

自分で作成する場合にも、サーバーレンタルやドメイン取得、その他月額費などの費用が必要です。しかし、業者へお願いする場合にはさまざまなサポートやオプションがあるため、どのようなサイトをつくりたいかによっても費用が変わってきます。

決まったテンプレートを使うのではなく完全にオリジナルのデザインを依頼する場合や、より高い集客効果を求める場合、さらに高額な費用がかかるでしょう。

いろいろな業者があってどこに頼めばいいか分からない

ホームページ制作をうけおっている業者はたくさんあります。そのため、どこへお願いすればいいのかわからない状況におちいるかもしれません。

大企業、中小企業、フリーランスなどの数ある業者の中から、要望に合うサービスを提供してくれるものを探すためには内容の精査が必要です。各業者の特徴や価格を一つひとつ確認しなければならないので、自分がつくりたいホームページに合うところを見つけるには多くの時間がかかります。

極端な話ですが、業者を探すのにもだんだん疲れてきてなんでも良くなってしまい、適当に選んだところに依頼したら理想とはすこし違ったホームページになってしまった、なんてことにもなりかねません。

個人事業主がホームページ制作で失敗する事例

せっかくホームページを作るのであれば、失敗は避けたいですよね。

個人事業主やフリーランスがホームページを制作した場合の失敗事例としては、以下のようなものがあります。

・自分でつくるにも勉強が必要
・見積もりを取ったが適正価格かわからない
・ホームページの効果が出ない

以下の項目では、上記の失敗事例について具体的に説明します。

自分で作ろうとしても勉強が必要

自分でホームページを制作するにも、知識がなければ方法を勉強する必要があります。そこに時間を取られてしまうのはとてももったいないですよね。

もちろん、最近ではあまり知識がなくてもホームページを制作できるサービスもあります。ただし、デザインなどを自由に変えられないこともあるので、理想的なサイトを作るのは難しいかもしれません。

また、自分でつくったホームページを運営中に不具合が起きることもあります。

不具合を解消するためにも時間を消費するうえ、自分の知識で問題が解決できるかどうかもわかりません。つまり、制作だけではなく、運営やメンテナンスにも労力がかかってしまうのです。

ホームページをつくるための勉強時間や、運営中の不具合を解決する時間を取るよりも、事業にもっと専念したいと思う方もいるのではないでしょうか。

見積もりを取ったが適正かわからない

ホームページ制作について見積もりを取ったが、適正な価格なのかがわからないという問題に直面することもあります。

なぜなら、業者やメニューによって必要な料金にばらつきがあり、数万円ですむこともあれば100万円をこえる場合もあるからです。

あまりにも安価な業者へ依頼しても、本当にきちんとした対応をしてもらえるか不安になると思います。とはいえ、高額な費用をかけても目的に見合った効果が得られるのかわからないですよね。

ホームページをつくる目的によって、価格をおさえても問題ない場合や、逆にこだわる部分によってはコストをかけなければならない場合があります。たとえば、名刺や広告のようなあまり更新しないサイトなのか、たくさん更新して情報発信するサイトなのか、などの目的を決めることも必要です。

制作したいホームページの用途によって、適正な価格の業者を見つけたいですね。

ホームページは出来上がったが効果が出ない

ホームページが完成したけれど、なかなか集客効果が出ない場合もあります。

なぜなら、ホームページをつくっただけでは多くの人に見てもらうのは難しいからです。

例えば、インターネットで「ホームページ 制作 業者」と検索すると制作会社のウェブサイトがたくさん出てきますよね。検索した人は、その中でも上のほうに表示されているページをクリックする確率が高いでしょう。検索結果の下のほうや、ましてや2ページ、3ページ目をくまなく見る人のほうがまれです。

つまり、集客効果を出すには、自分のホームページが検索結果の上位に表示されるかどうかも重要なのです。

自分のホームページを検索上位に表示するには、ノウハウも必要です。そのため、自分でホームページ制作・運営する場合や、依頼した業者によっては検索対策ができておらず、あまり集客効果がでないことも考えられます。

まとめ:個人事業主がホームページ制作をするなら

今回は、個人事業主やフリーランスがホームページ制作する際のメリット・デメリットを紹介しました。

ホームページを制作すると集客効果や売上アップが見込める反面、自作には知識や時間が必要なので、かなりの労力がかかります。

業者へ依頼する場合は、自作よりも多くの費用が必要で、依頼先を選ぶのも難しいことがあります。しかし、サポートが充実していることや、労力をかけずに効果的な集客がおこなえるという大きな利点があります。

事業に集中しつつ高い集客効果をだしたいなら、よい業者へ依頼するのがおすすめです。

ぜひ効果的なホームページをつくって、集客や事業情報の発信をスムーズにしていきましょう。

お問い合わせボタン

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください