fbpx

Windows10、11のパソコンとiPhoneで写真をやりとりする方法、できない時の対処方法

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

今回は、Windows10、11のパソコンとiPhoneで写真をやり取りする方法を解説します。

iPhoneで撮った写真をパソコンに取り込もうとしたけどできなかったという場合や、逆にパソコンからiPhoneに画像などを送って保存したいけれどうまくいかないという場合に参考にしていただければと思います。

iPhone・パソコン間で写真や画像を転送する方法はいくつかありますので、読んでいただいて環境的に実行できそうなものがあったらぜひ試してみてください。

iPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法

iPhoneからWindows10、11のパソコンに写真を転送する方法には以下のようなものがあります。

  • iTunesを使ってiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法
  • エクスプローラーでiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法
  • アプリを使ってiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法

iTunesを使ってiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法

iPhoneからWindows10、11のパソコンに写真を転送する方法のうち、iTunesを使う方法を解説します。

下記の手順でiTunesの入手から写真のバックアップまでおこなえます。

【iTunesを使ってiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法】

  1. iTunes – Apple(日本)にて最新バージョンのiTunesを入手する
  2. パソコンとiPhoneをケーブルで接続する
  3. デバイスのロックを案内に従って解除する
  4. iPhoneの画面上に「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら「信頼」もしくは「許可」を選択
  5. 同期を行う

エクスプローラーでiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法

iPhoneからWindows10、11に写真を転送したいという場合は、エクスプローラーを利用するという方法もあります。

【エクスプローラーでiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法】

  1. パソコンとiPhoneをケーブルで接続する
  2. iPhoneの画面上に「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」と表示されたら「許可」を選択する
  3. パソコンで「スタート(Windowsマーク)」を右クリック
  4. 「エクスプローラー」を選択
  5. 「Apple iPhone」を右クリック
  6. 「画像とビデオのインポート」を選択
  7. 「インポートする項目を確認、整理、グループ化する」もしくは「すべての新しい項目のインポート」を選択し「次へ」
  8. 写真がパソコンに保存される

アプリを使ってiPhoneからパソコン、Windows10、11に写真を転送する方法

iPhoneからWindows10、11に写真を転送したいという場合は、アプリを使って転送することもできます。

たとえば、Googleフォトなどのクラウドサービスや、メール・SNSアプリなどを利用して画像を転送するのもよいでしょう。

上記のアプリをiPhoneでダウンロードして、パソコンに送りたい写真をそのアプリに入れ、パソコン側でもアプリケーションを利用するか、該当のアカウントにログインすることで写真を見ることができるはずです。

メールやSNSを利用する場合は、iPhoneで利用しているアカウントからパソコンで利用しているアカウントに写真を送信する形になるでしょう。

ただ、多くの写真を一度に転送したい場合は、メールで送信するよりもアプリやクラウドサービスを活用したほうが手軽だといえます。

また、アプリを利用するうえでは容量制限にも注意が必要です。例としては、Googleフォトは無料版の場合15GBが上限となっています。

パソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法

Windows10、11のパソコンからiPhoneに写真を転送する方法には以下のようなものがあります。

  • iTunesをつかってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法
  • エクスプローラーでパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送できるのか?
  • アプリを使ってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法

iTunesをつかってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法

Windows10や11のパソコンからiPhoneに写真を転送したい場合、iTunesを利用するという方法があります。

【iTunesをつかってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法】

  1. パソコンとiPhoneをケーブルで接続する
  2. iTunesを起動する
  3. iTunes画面の左側にて「写真」を選択
  4. 入れたい写真のあるフォルダを選択
  5. 全てのフォルダーを同期するか選択したフォルダーを同期するか選択
  6. 「適用」を選択

エクスプローラーでパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送できるのか?

Windows10や11のパソコンからiPhoneに写真を転送したい場合、エクスプローラーを利用できません。

逆にiPhoneの写真をエクスプローラーを通してパソコンへ渡すことはできるのですが、同じ方法を使ってもパソコンからiPhoneというのは移行できないようです。コピーの際にガードがかかってしまい上手くいかないみたいですね。

そのため、そのほかの方法を使って写真を移動しましょう。

アプリを使ってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する方法

Windows10や11のパソコンからiPhoneに写真を転送したい場合、アプリを利用するという方法があります。

iPhoneからパソコンに写真を送る時同様、クラウドサービスアプリやSNS、メールアプリを利用するとよいでしょう。

例としてDropboxというクラウドサービスを利用してパソコンからiPhoneに写真を送る方法を紹介します。

【DropboxでパソコンからiPhoneに写真を移行する方法】

  1. Dropboxのアカウントを取得する
  2. Dropboxを開く
  3. Dropboxに移行用のフォルダを追加する
  4. 移行したい写真をDropboxにドラッグアンドドロップで追加する
  5. iPhoneにDropboxのアプリをインストールする
  6. パソコンと同様のアカウントでログインする
  7. パソコンにアップロードした写真をiPhoneで確認可能

iTunesなしでパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を転送する時の注意点

Windows10や11のパソコンからiPhoneに写真を転送したいけれど、iTunesを使用したくないという場合には、Dropboxなどのクラウドサービスを利用すると良いでしょう。

無料で利用できるものもありますので、アカウントを取得して写真を移行してみましょう。

また、このようにしてiTunesなしでWindows10、11のパソコンからiPhoneの写真を転送する際の注意点には、以下のようなものが挙げられます。

  1. アップロードに時間がかかることがある

iTunesではなくクラウドサービスなどを用いて写真を転送する場合、送信する量によってはかなりの時間がかかる可能性があります。

  1. 容量が足りなくなる可能性がある

パソコンからiPhoneに写真を移行する場合は、iPhoneの残り容量に注意が必要です。

特に写真や動画はサイズの大きいファイルが多いため、iPhoneの容量が足りなくなる可能性があります。また、クラウドサービスを利用する場合にも、容量に制限がある場合もあります。

  1. 再生可能なファイルで送っていないと表示されない可能性がある

パソコンからiPhoneに写真を送る場合、iPhoneで再生可能なファイルになっているか確認しましょう。

パソコンから取り込む画像の中にはiPhoneで再生できない形式になっている写真が入っていることもありえます。

iPhoneで再生できる形式は、mp4、m4v、3gp、mov、HEIF、JPEG、GIF、HEVC、PNG、RAW、TIFFなどです。

Bluetoothを使ってパソコン、Windows10、11からiPhoneに写真を入れられるのか

残念なことに、Windows10や11のパソコンからiPhoneに写真を転送したい場合にBluetoothは使えません。

MacのPCとiPhone間であればAirdropを利用して写真を共有することができますが、Windowsではそのような機能には対応していないようです。また、スマホがiPhoneではなくAndroidであればWindowsのBluetooth共有機能が使えるのですが、iPhoneの場合は対応していません。

WindowsのパソコンとiPhone間では、BluetoothではなくWi-Fiとクラウドサービス等を利用して写真を転送するのが良いでしょう。

その他の方法も先ほど紹介していますので、そちらの方法も試してみてください。

iPhoneの写真がパソコン、Windows10、11で表示されない場合の原因と解決方法

iPhoneの写真がWindows10、11のパソコンで表示されないという場合には、ファイル形式が非対応であることが考えられます。

現在のiPhoneの画像ファイルの形式であるHEIFはWindowsのバージョンによっては開けないことがあります。そのため、対応しているアプリケーションや変換サービス(「Apowersoft HEIC JPG変換フリーソフト」など)を利用するかiPhoneの設定を変更すると良いでしょう。

【iPhoneからパソコンへ写真を転送する際の設定を変更する方法】

  1. iPhoneの「設定」アプリを開く
  2. 「写真」を選択
  3. 「MACまたはPCに転送」の部分で、「自動」を選択

iPhoneの写真がパソコン、Windows10、11に取り込めない場合の原因と解決方法

iPhoneの写真がWindows10、11に取り込めない場合には以下の原因が考えられます。

  • iTunesやエクスプローラーを利用している場合、ケーブルがきちんとつながっていない
  • iPhoneの画面に出ている「信頼」を選択していない
  • iPhoneとパソコンのバージョンが最新ではない

ケーブルがきちんとつながっていない

パソコンとiPhoneを繋いでいるケーブルがきちんと接続できていないと、写真の取り込みがうまく行かない可能性があります。

また、きちんと繋いでいるのにもかかわらず写真を転送できないという場合、ケーブルが転送に非対応であることが考えられます。

iPhoneの充電はできるけれどデータ転送には対応していないというものもありますので注意が必要です。

iPhoneの画面に出ている「信頼」を選択していない

パソコンとiPhoneをきちんと接続しているのにパソコンに写真が取り込めないという場合、iPhoneの画面に表示されているメッセージを確認していない可能性があります。

パソコンとiPhoneを接続するとiPhoneの画面上に「このコンピューターを信頼しますか」といったメッセージが表示されることがあります。

これに対して「信頼」を選択していないと、iPhoneの写真をパソコンに取り込めない可能性があります。

iPhoneとパソコンのバージョンが最新ではない

iPhoneの写真をパソコンにうまく転送できないという場合、バージョンが古いという可能性があります。iPhoneとパソコンのバージョンを最新にしてから再度写真の転送を試してみてください。

Windows10、11のパソコンとiPhoneで写真をやりとりする方法まとめ

今回は、Windows10や11のパソコンとiPhoneで写真をやりとりする方法を解説しました。

WindowsはMacと異なり、AirDropなどの機能はありませんが、エクスプローラーを介したりクラウドサービスを利用するとスムーズに写真をやりとりできます。

関連する記事:

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください