fbpx

Windows10、11のPCが起動しない時の修復方法

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

今回は、Windows10、Windows11のPCが起動しない場合の修復方法を解説します。

Windowsが起動しなくなり、画面上でくるくるしてしまっている場合や、正しく読み込まれないといった場合についての解決方法などを紹介します。

また、自動修復ができなかったり、繰り返してしまう場合の原因や修復方法についても解説しますので、参考にしていただければと思います。

Windowsが起動しないでくるくる回る画面から進まない場合

Windowsが起動せず、くるくる回る画面から進まないという場合は、ハードディスクの異常が疑われます。

基本的には、PCからハードディスクを取り出して、別のパソコンに繋いで調べるか、もしくは起動ディスク(USB)から起動して、コマンドプロンプトを使って修復する必要があります。

  • ハードディスクに障害が起きていないか調べる
  • 起動ディスクから起動して修復を試みる

ハードディスクに障害が起きていないか調べる

Windows10やWindows11のPCが起動しない場合、まずはハードディスクに障害が起きていないか調べる必要があります。

もしハードディスクに障害が起きていたら、エラースキップデュプリケーターを使ってクローンを作成するとよいでしょう。

デュプリケーターというのはデータコピー用の複製機で、HDD専用のものがあります。パソコンが使えないという場合にもデータのコピーがおこなえるので便利です。また、デュプリケータの中には、HDDに発生しているエラーをスキップしてくれるものもあります。

エラーが起きてしまったHDDがある場合は、このようなものを使用してクローンを作成し、データ救出を試みましょう。

ハードディスクから異音がする場合などには障害が起きている可能性があります。

その他に、他のパソコンにつないでハードディスクに障害が起きていないか調べる方法は以下の通りです。

【ハードディスクに障害が起きていないか調べる方法】

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「セキュリティとメンテナンス」を選択
  3. 「メンテナンス」を選択
  4. 「すべてのドライブが正しく動作しています」と表示されていれば問題なし

その他のハードディスクのエラー確認方法は、ハードディスクのエラーをチェックするです。

障害が起きていない場合は起動ディスクから起動して修復を試みる

ハードディスクに障害が起きていない場合は、起動ディスクから起動して修復を試みましょう。

【起動ディスクからWindowsを起動して修復を試みる方法】

  1. 起動ディスク(インストールメディア)を作成しておく
    1. Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
      もしくは
      Windows 11 をダウンロードするにて、インストールメディア用のファイルをダウンロードする
    2. PCに作成用のメディア(USB、DVDなど)を接続する
    1. ライセンス条項に同意する
    2. 「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択
    1. 「次へ」を選択
    2. 「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」ではパソコンに合わせた選択をする
    3. 「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックは外す
    4. 「次へ」を選択
    5. 「ISOファイル」を選択
    6. 「次へ」を選択
    7. DVDに書き込む場合は「DVD書き込み用ドライブを開く」を選択
    8. DVDを入れていなかった場合はドライブに入れて「書き込み」を選択
    9. 完了したら「閉じる」を選択
  2. USBに書き込む場合はRufus – 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できますなどのソフトを使う
    1. Rufusをダウンロードしたらダブルクリックで起動
    2. デバイスでメディアを作成したいUSBを選択
    3. 入手したISOファイルを選択
    4. 「スタート」を選択
    5. 完了したら「閉じる」を選択
  3. ハードディスクのバックアップを取っておく
  4. 起動ディスクをPCに接続し、PCを起動
    (起動しない場合BIOS(UEFI)にて起動デバイスの順番を変更する必要があります)
  5. 「Windowsセットアップ」が開いたら「次へ」を選択
  6. 「コンピューターを修復する」を選択
  7. 「トラブルシューティング」を選択
  8. 「スタートアップ修復」を選択(何度かおこなうことで問題が解決することもあります)
  9. 改善しない場合は「システムの復元」を行ってみる。
  10. それでも改善しない場合は次章のコマンドプロンプトで修復を試してみて下さい。

Windows10、11が起動しない時のコマンドプロンプトの使い方

Windows10、Windows11が起動しない場合には、コマンドプロンプトやPowerShellを使ってエラーをチェックしたりブートセクターの修復をおこなうと問題が解決する可能性があります。

  • ハードディスクのエラーをチェックする
  • ブートセクターの修復を行ってみる

ハードディスクのエラーをチェックする

Windows10やWindows11が起動しない場合にコマンドプロンプトやPowerShellでハードディスクのエラーをチェックできます。

チェックディスクというコマンドを実行すると、ハードディスク全体をスキャンでき、システムのエラーを検出できるうえ、修復もおこなえます。

【PowerShellでハードディスクのエラーをチェックする方法】

  1. 「スタート(Windowsマーク)」を右クリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」を選択
  3. 表示されたウインドウに「chkdsk 該当のドライブ文字:/オプション」と入力
    (オプション:なし…スキャンのみ実行、f…スキャンとエラーの修復を実行、r…fのオプションに加えて不良セクタ検出と修復を実行、b…rのオプションに加えて不良セクタを再度スキャンする)
  4. Enterキーを押すとchkdskが実行される
  5. 「チェックをスケジュールしますか?」というメッセージが表示された場合は「Y」を入力しEnterを押す
  6. 「次回のシステム再起動時に、このボリュームはチェックされます」と表示されたら、PCを再起動する
  7. スキャンが完了すると結果が表示される

Windowsが起動せず上記の方法が使えない場合には、回復環境を起動してコマンドプロンプトからchkdskを実行する必要があります。

【コマンドプロンプトでハードディスクのエラーをチェックする方法】

  1. PCの強制終了を繰り返す、またはインストールメディアを使いWindowsの回復環境を起動
  2. 「詳細オプション」を選択
  3. 「トラブルシューティング」を選択
  4. 「詳細オプション」を選択
  5. 「コマンドプロンプト」を選択
  6. 管理者のアカウントを選択
  7. パスワードを入力
  8. コマンドプロンプトが起動
  9. chkdskコマンドを入力(PowerShellと同様)

【sfc /scannowのコマンドで修復を試みる】

  1. コマンドプロンプトもしくはPowerShellを管理者で起動
  2. sfc /scannowと入力しEnterキーを押す
  3. スキャンがおこなわれ、不整合が発見されると自動的に修復作業がおこなわれます。

ブートセクターの修復を行ってみる。

Windows10やWindows11が起動しない場合にコマンドプロンプトでブートセクターの修復をおこなうには、以下の手順を実行してください。

ブートセクターとは、Windowsの起動に必要なプログラムです。

【コマンドプロンプトでブートセクターの修復をおこなう方法】

  1. 起動ディスク(インストールメディア)などでPCを起動する
  2. 「コンピューターを修復」を選択
  3. 「トラブルシューティング」を選択
  4. 「詳細オプション」を選択
  5. 「コマンドプロンプト」を選択
  6. 「bootrec /FixMbr」もしくは「bootrec /RebuildBcdr」と入力し(システムドライブによっては「bootrec /FixMbr」は無効)Enterキーを押す
  7. 作業が完了したらPCを再起動

「回復 windows が正しく読み込まれませんでした」の表示が出て起動しない場合の修復方法

「回復 windows が正しく読み込まれませんでした」の表示が出て起動しない場合、スタートアップ修復やシステムの復元をおこなうことで問題が解決する可能性があります。

障害が起きていない場合は起動ディスクから起動して修復を試みる

Windows10、11で自動修復ができない、繰り返す時の原因と修復方法

Windows10、Windows11で自動修復ができない、または繰り返すといった場合に考えられる原因はMBR(マスターブートレコード)やブート構成データの不具合です。

マスターブートレコードというのは、ハードディスクの中でもパソコンが起動されて最初に読み込まれる部分のことを指しています。

最初に読み込む部分に不具合が起きていると、OSの起動までの処理が不可能になってしまいます。

このような場合は、以下の手順で修復をおこなうと問題が解決する可能性があります。

不良セクターの修復を行ってみる。

WinREを使って起動しないWindows10、11を修復する方法

Windows10やWindows11が起動しない場合は、WinREを使ってPCを起動して修復すると問題が解決する可能性があります。

WinREとはWindowsに付属しているリカバリー用のツールで、Windows回復環境ともいいます。

WinREを使って起動しないWindows10やWindows11を修復する方法は以下の通りです。

【WinREを使って起動しないWindows10、11を修復する方法】

  1. Windowsの起動に複数回失敗する、もしくは起動メディアから回復環境を立ち上げる
  2. 「Windowsセットアップ」が開いたら「次へ」を選択
  3. 「コンピューターを修復する」を選択
  4. 「トラブルシューティング」を選択
  5. 「スタートアップ修復」を選択(何度かおこなうことで問題が解決することもあります)

真っ黒い画面のままWindows10、11が起動しない場合の修復方法

Windows10やWindows11の画面が真っ黒いまま起動しないという場合は、メモリーやマザーボードに障害が起きている可能性があります。また、ノートパソコンの場合は帯電している場合も考えられます。

このような場合は、BIOSすら起動していない場合が多いです。

そのため、まずはモニターとパソコンがつながっているかということや、モニターに電源が入っているか、故障していないか確かめてみましょう。

そのうえで、真っ黒い画面のままメーカーのロゴマークなども表示されない場合は、BIOSの起動に必要な部品の故障が疑われます。

メモリーが原因の場合の修復方法

  • メモリーを抜き差ししてみる
  • 正常に動作するメモリーと交換する

メモリーが原因の場合はます、接触不良も考えられるので一度抜き差ししてみます。複数メモリーが刺さっている場合は一枚づつ行います。

メモリーを抜き差ししても症状が改善しない場合は正常に動作するメモリーと交換する必要があります。
正常に動作するメモリーと交換しても改善しない場合はメモリーが故障の原因ではない事がわかったと言う事なので別の方法を試します。

ノートパソコンの場合は放電を行ってみる

ノートパソコンの場合はノートパソコンの内部に帯電が起きていて起動しない場合があります。以下の方法で放電を行って下さい。

  • バッテリーを外す
  • 筐体を開けてボタン電池を探して取り外す(無い場合もあります)
  • 電源が刺さっている部分などを探して、プラス(+)とマイナス(グランド -)をドライバーなどでショートさせます。

これで放電作業は完了です。

よくノートパソコンの放電作業はバッテリーを外して5分ほど放置すればいいと書いている場合がありますが、それだけでは不十分な場合があります。ボタン電池を取り外してショートさせることで完璧に放電できます。

CMOSクリアを行ってみる

ノートパソコンの場合はできる機種は少ないのですが、デスクトップパソコンの場合はCMOSクリアを行ってみるのも解決方法の一つです。
手順は以下の通りです。

  • 電源ユニットからマザーボードに刺さっているケーブルを全て外します。
    おそらく、24ピンのケーブル、4ピンまたは8ピンのCPUの電源ケーブル、そしてグラフィックボードを使っている場合はグラフィックボードに繋がっている6ピンのケーブルです。
  • ボタン電池を取り外します。
  • CMOSクリアのジャンパーをショートさせます。(2,3秒)

これでCMOSクリアは完了です。無事にパソコンが立ち上がった場合は日時が変わっているので修正する必要があります。

これらの作業を行っても改善しない場合はおそらくマザーボードかCPUの不具合です。私の経験からCPUの不具合はとても少ないので、マザーボードを交換して見ましょう。

更にメーカーのロゴは表示猿が真っ黒いままの画面でWindows10、11が起動しない場合は下記の方法も試してみて下さい。

Windows Update後で起動が遅くなっている可能性です。

このような場合には、メーカーのロゴマークが表示されたときに電源を長押しして強制終了、を3度繰り返してセーフモードを起動させて修復を試みましょう。

【セーフモードでの起動をおこなう方法】

  1. 自動回復画面を開く(強制終了×3)
  2. 「オプションの選択」を選択
  3. 「トラブルシューティング」を選択
  4. 「詳細オプション」を選択
  5. 「スタートアップ修復」を選択
  6. 「再起動」を選択
  7. 再起動後、「4(セーフモードを有効にする)」か「5(セーフモードとネットワークを有効にする)」を選択
  8. セーフモードで起動したら、ウイルスソフトでのスキャンや不要・怪しいアプリケーションの削除等を試みる

Windows10、11のPCが起動しない時の修復方法まとめ

今回は、Windows10やWindows11のPCが起動しない場合の修復方法について解説しました。

Windowsが起動しなくなってしまう原因はハードディスクのエラーなどが多数です。

場合によっては部品の故障によりBIOSから起動できなくなってしまっているケースもあります。部品の故障が原因の場合は交換や修理が必要になりますので、自分で対応するのは難しいかもしれません。

無理に自分でなんとかしようとすると状態を悪化させてしまうおそれもありますので、できればメーカーや業者に依頼すると良いでしょう。

また、Windowsが起動しない場合でも、起動ディスクを活用したり、他のパソコンで修復を試みたりなど、いくつかの対処法があります。

ハードディスクのエラーでWindowsが起動しなくなってしまった場合にはハードディスク内のデータが破損してしまうおそれもありますので、デュプリケーターなどを利用し、早めにデータをコピーするなどの対応を取りましょう。

関連する記事:

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください