WordPressで郵便番号から住所を自動入力できるようにする。contactform7 ajaxzip3

今回は、お客さまからの要望もあり、お問い合せのページで郵便番号を入力すれば自動的に都道府県、市区町村、町名に入力する方法です。

以前はサーバーに郵便番号のデータベースをアップして、そこから住所を引っ張ってきていたようです。
これだと、市町村の統合などで郵便番号が変わったらデータベースも変更しなくては行けないので面倒でしたが、GoogleさんがAjaxzip3を作ってくれたので、データベースにリンクを貼ればOKとなったようです。

まず、Wordpressではお馴染みのお問い合せ用プラグイン「contact form 7」をインストール、有効化します。

郵便番号と住所の部分だけですが、以下のようにidを付けてcontact form 7のフォームの部分に書きます。

[xhtml]

郵便番号 [text zipcode id:zipcode 10/] 半角数字でご記入下さい
自動的に都道府県、市町村などが記入されます 都道府県 [text pref id:pref 10/] 都道府県名をご記入下さい 市区町村以下 [text addr id:addr 40/100] 市区町村以下をご記入下さい

[/xhtml]

そして、header.phpの
[php][/php]
の下に次のコードを挿入します。
今回はお問い合せページスラッグが「inquiry」となっていますので1行目の
[php][/php]
の部分の[‘inquiry’]の部分を適宜変更して下さい。
ページIDの場合は[‘]なしの数字にします。
これで、お問い合せのページのみに住所を自動入力するスクリプトを読み込むようにしています。

[php]




[/php]
お問い合せのページは出来るだけ、入力項目を簡単に記入できるようにするべきですよね。
それにしても、Wordpressは他のホームページで実現しているスクリプトなどが簡単に実現できますから助かっています。

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください