fbpx

ブログ、Facebookやってます

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

ホームページの制作を依頼する方にお聞きすると、PAK23_husentomemo20140313
ブログはやっていますよって言われる方がいらっしゃいます。

で、よく見てみると。

アメブロ、ココログやライブドアのブログだったりします。
確かにブログはやっていますが…
ちょっと、違います。

ブログをするのでしたら、必ずあなたのドメイン(abcdef.comなど)内でやって下さい。
ドメイン内とはabcdef.com だったら abcdef.com/blog/などとなっているはずです。

なぜドメイン内でブログをするべきなのでしょうか。

・お客様の流出を出来るだけ防ぐ
ベージを移ると、必ず一定の割合で離脱します。
アクセス解析を見ていて100%誘導できるウェブサイトは見たことがありません。
外部のブログ(アメブロなど)と、あなたのホームページのデザインが同じでないと
違うサイトに移動させられたと思う場合があります。
この場合、離脱率が極端に多くなります。

・トップページでの集客を増やすため
ホームページでアクセスが多いページはほぼトップページでしょう。
ブログはサブページで運用しますが、
ここにいい記事をかいてアクセスが増えたり、滞在時間が増えると
トップページも良い影響をもらいます。

・お問い合わせを増やすため
内部のブログはトップページについでアクセスが多いページです。
商品やサービスのページより多くなります。
それはなぜか。
いわゆる固定ページ(ホームページのページ)はあなたが言いたいことを表示しているだけです。
その裏付けを多くの方々は探しています。
例えばホームページに「顧客満足度No.1の店」と書いていても、
ブログがなかったり、ブログにお客様を大切にしている内容の記事がなかったら
ワンクリックで他のウェブサイトに移動します。
裏付けがあって、その近くに「お問い合わせ」ボタンがあれば、
自然にお問い合わせは増えます。

旧来のホームページを運用している場合はブログを内部に持つには多少の費用がかかるでしょう。
しかし、今はワードプレスなど、制作業者も対応するところが増えています。

今回は内部のブログの良い所は3つ書きましたが、
専門家の視点ですと、3つどころではありません。
内部のブログを活用して集客に役立てて下さい。

 

メルマガ登録バナー

PC修理お問い合わせボタン

最初のコメントをしよう

必須

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください